グリッサンドとは?どうやったらうまく弾ける?【徹底解説!】

グリッサンドとは?

グリッサンドとは、ピアノ奏法の一つです。 手や指を鍵盤の上で滑らせて弾きます。

言葉で説明しても「??」という感じですよね! 実際にグリッサンドで弾かれている曲をみてみましょう! こちらのピアノ協奏曲は、冒頭の部分でのグリッサンドが特徴的です。 48秒あたりからがグリッサンドになります。指が鍵盤の上をなめらかに滑っているのがみられますね!

引用元:Youtube

楽譜ではどのように書かれる?

グリッサンドは楽譜ではどのようにか書かれるのでしょうか? 譜例をみていきましょう!

下から上にグリッサンドをする場合

下から上にグリッサンドする際は、下の音からから上の音にうねうねしたものと、「griss.」と書かれているものがありますね!  こちらの場合は、下の「レ」の音から上の「レ」の音までをなめらかに滑らせます。

上から下にグリッサンドをする場合

上から下にグリッサンドをする場合は、今度は先ほどと逆で高い音から低い音に向かってグリッサンドが書かれています。  こちらの場合は、上の「レ」の音から下の「レ」の音までをなめらかに滑らせます。

ピアノアレンジにも使える!

グリッサンドは、ピアノアレンジにも効果的に使えます! 曲が華やかになり、視覚的にもかっこいいですよね! 曲の途中や、最後の締めといった、「ちょっとここをカッコよくしたい!」というところに、ぜひグリッサンドを入れてみてくださいね!

グリッサンドはどうやって弾く?

グリッサンドの弾き方には、いろいろな種類がありますので、 一概に「この弾き方で弾かなければいけない」というものではありません。

先ほどのラベルの協奏曲のグリッサンドも、いろいろな弾き方をしている方がいらっしゃいます。

代表的な弾き方としては、以下の三つがあげられます。

  • 親指を立てて滑らせる(上から下の場合)
  • 手の甲側の指を滑らせる(上下両方)
  • 指の腹を使う
手の形によって弾きやすさもまた違ってくると思います。 ぜひ、色々と試してみてくださいね^^

グリッサンドを弾くときのコツ

グリッサンドを弾くときは、腕をリラックスさせるようにしましょう!

力が入ってしまうと、鍵盤の上をなめらかに滑らすことが難しいです。
力が抜けているか、確認しながら弾くようにしてみてください^^

グリッサンドを弾くときの注意点!

グリッサンドを初心者の方が弾く際は、手を痛めてしまったり、指の皮が剥けてしまうことがあります。
最初は無理をしすぎないで、様子をみながら練習をするようにしましょう!

まとめ

くま先生

お疲れ様!今回のポイントを整理しよう!
  • グリッサンドは手を滑らせて弾く
  • アレンジにも使うことができる
  • 手を痛めないように、腕をリラックスさせて弾く! 
グリッサンドかっこいいな〜僕も弾けるようになるように頑張るピヨ!

ピヨ太

くま先生

うん!その調子で頑張ってね〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です