テヌートの種類と意味まとめ【tenuto,sostenuto,ritenuto】

テヌートとは?

テヌート(tenuto)とは、「音の長さを十分に保って奏する」という意味があります。

テヌートで奏する時は、下のようにその都度音符に「ten.」と書かれたり、以下のように「-」という記号が音符の上に書かれます。

テヌートはどのように弾けば良い?

「音の長さを十分に保って」と言われても、「一体どのように弾けば良いの?」と思いますよね。

一口にテヌートと言っても、その弾き方は人それぞれで、「これが正解」というものはありません。

「ゆびに圧をかけるようにして弾く」「音をより響かせる」などといった奏法をしている方もいらっしゃいます。
ご自身で、よく耳を使いながら音を研究してみてくださいね^^

なるほどピヨね〜でもついついテヌート記号を見落としてしまいそうだピヨ!

ピヨ太

くま先生

テヌート記号が書かれているということは、そこに作曲者からの意図があるということだよ!譜読みの時に、音色をイメージする手がかりとして見落とさないようにしようね!

sostenuto,ritenutoとは?

テヌートの種類として、「sosutenuto」と「ritenuto」というものがあります。

「sosutenuto」(ソステヌート)は、テヌートの奏法が長い間続く時や、曲全体をそのように弾く場合に使用されます。

また、「sosutenuto」はラテン語「substinere(スブスティネーレ)」「意味:下から支える」が語源になっていると言われておりますので、tenutoとは少しニュアンスが異なるとも言われております。
ritenuto(リテヌート)は、「各音を少し長めに、少し遅くして」という意味があります。
楽譜上では、「ritenuto」や「riten.」と表記されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 今回は、テヌートの意味について解説しました。

テヌートなどと言った記号はついつい見落としてしまいがちですが、そこには作曲者からの大切な意図が込められています。
譜読みをする際は、見落とさずに音のイメージを膨らましてみてくださいね^^

こちらの記事では、他の音楽用語についても解説していますので、宜しければこちらもぜひご覧ください! 音楽用語を学ぼう【Lent,Adagio,Moderato,Prest】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です