トレモロ(tremollo)の意味と弾き方まとめ【譜例を用いて解説!】

トレモロはどうやって演奏する?

例として、こちらの譜例を見てみましょう。 トレモロはこのように、斜線によって表されています。

この斜線の本数=音符の旗の数となっており、「何音符で弾くか」ということを示しています。

上記の譜例だと、斜線が三つある音符、つまり32分音符で弾くことを示しています!

和音も弾ける!

トレモロは和音でも弾くことができます。例として、こちらの譜例をみてみましょう。

先ほどのように、「斜線の本数=音符の旗の数」と考え、32分音符で和音を入れていきます。

弾き方のコツ

ここで、少しトレモロの弾き方のコツを紹介したいと思います。

トレモロは細かいので、弾くのが難しいですよね💦

トレモロを弾くときは、一つひとつの音に力を入れすぎないように弾くと、楽に弾くことができると思います。 全部の音を一生懸命に弾くと力が入ってしまうため、空気を震わせるようなイメージで弾いてみてくださいね^^