スタッカートはどうやって弾く?【楽譜の読み方を徹底解説】

スタッカートとは?

スタッカートは、「音を短く奏する」「次の音と離して奏する」といった意味があります。

楽譜上では、こちらの譜例のように音符の上下どちらかにに「・」が書かれます。

スタッカートはどのように弾く?

「音を短くきる」といっても、どのように弾けば良いのか分からないですよね…!
筆者は鍵盤に指をのせて、指ではじくように弾いています。

上から下に鍵盤をボタンを押すように弾くのではなく、指を鍵盤から上に跳ね上がらせる、というイメージでしょうか。

しかしながら、スタッカートの弾き方に絶対的な正解はありません。
音を鋭く弾く場合もあれば、柔らかく切る場合もあります。
弾く人によっても、曲によっても弾き方は異なります!

スタッカートの種類

スタッカートにも、いろいろな種類があります。
上記では、丸い点「・」のスタッカートでしたが、三角「▲▼」が表されるスタッカートもあります。 
こちらは、「staccatissimo」(スタッカーティッシモ)とよばれています。
丸い点のスタッカートよりも、音がより鋭く弾かれます。 また、スタッカートと同時にスラーが使われたりもします。

こちらは、メゾスタッカート(mezzo staccato)とよばれています。
音を短く切りすぎずに柔らかめの音で、フレーズ感を持ってスタッカートを弾く場合が多いです。

スタッカートが使われている曲

ではここで、スタッカートが書かれている曲を紹介します!
ドビュッシーの「パスピエ」という曲です。
曲の冒頭から、スタッカートが用いられています。

引用元:YouTube

素敵な曲だピヨ!!

ピヨ太

スタッカート練習も効果的!

くま先生

ピヨ太くん!ピアノ弾いている時に、速くて難しいところが出てきたら、どのように練習してる?
うーんと…ゆっくり弾いたりしているピヨ!

ピヨ太

くま先生

早いパッセージを弾くときは、スタッカートで練習するのも効果的だよ!
例えば、このように音がたくさんあって難しい音符があるとします。 

これにスタッカートを付けてゆっくり練習してみましょう! 

スタッカートをつけることにより、一つひとつの音をよりクリアに弾くことができたり、指に余計な力を入れずに脱力して弾くことができます。

スタッカートで弾いた後に、スタッカートをとっていつも通りに弾いてみると、より弾きやすさを感じるのではないでしょうか?
ぜひ、試してみてくださいね^^