タイとスラーの違いとは?【初心者でもわかる音楽理論入門講座】

くま先生!この二つの楽譜の違いがわからないピヨ!

ピヨ太

  

くま先生

なるほどね!上の譜例には「スラー」下の譜例には「タイ」がそれぞれ書かれているね!この二つは間違いやすいから、しっかり勉強していこう!
頑張るピヨー!

ピヨ太

タイとは?

タイはあの国のタイ…という意味ではなく、二つ以上の音符(同じ音の高さ)を切れることなくつなげる時に用います。 こちらの譜例では、最初の小節の一拍目にある二分音符と、三拍目にある四分音符がタイで繋がっていますね! 

タイがつくことによって音が切れ目なくつながりますので、 こちらの場合は、二分音符と四分音符をつなげて、合計三拍伸ばします。

小節をまたいでも大丈夫

タイは、以下のように小節をまたいでも用いることができます。  こちらの譜例では、一小節目の四拍目の四分音符から、二小節目の一拍目の二分音符までタイで繋がっていますが、 このように小節をまたいでも、タイで音を繋ぐことができます。

タイの効果とは?

タイの効果として、「拍子を明確にする」というものがあります。 こちらの楽譜をみてみましょう。一小節目の二拍目の音が付点で表されていますが、4分の4拍子において、拍がわかりづらくなってしまっています。  タイを用いて表すと、拍子がはっきりします。  上の二つの比べてみましょう!タイを用いている方が、一目で拍のどこに何の音が入るのかがパッとわかります。 

このように、タイには拍子を明確にする効果があるのです。

スラーとは?

スラーとは、スラーが書かれている音の範囲の音をなめらかに奏するという意味があります。 例えばこの譜例ですと、最初から最後までスラーで繋がれていますね! 

その場合、最初のドの音からソの音までをなめらかに歌って演奏します。 スラーが書かれている箇所はぶつぶつ切れたりせずに、なめらかに歌って演奏するようにしましょう!

まとめ

くま先生

お疲れ様!今回のポイントを整理しよう!
  • タイは音を切れ目なくつなげる
  • スラーは、なめらかに歌って演奏する
タイとスラーの違いがわかって、頭がすっきりしたピヨ!

ピヨ太

くま先生

すごい!!これからも頑張っていこう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です