シンコペーションとは?【かっこいいリズムを完全マスター!】

タータ タータ…リズム打ち練習、難しいピヨ…

ピヨ太

くま先生

ピヨ太くん!それは「シンコペーション」のリズムだね!
シンコペーション?シンコペーションって何だピヨ?

ピヨ太

くま先生

リズムのことさ!今日はかっこいいリズム、「シンコペーション」について学ぼう!

シンコペーションとは?

4分の4拍子や4分の3拍子といった拍子は、それぞれ決まった「強拍」と「弱拍」というものがありましたね。 この「強拍」と「弱拍」の進行がその決まった位置ではなく、強迫の位置が変化したようなものを「シンコペーション」と言います。 一口に「シンコペーション」といっても、その種類はいろいろなものがあります! 実際の譜例をみながら確認していきましょう!

弱拍と強拍が繋がった場合

弱拍と強拍がタイよって繋がった場合、シンコペーションが生まれます。

小節をまたぐ場合

下の譜例は、4拍目と1拍目がタイで繋がっていますね! 

4拍目は弱拍、1拍目は強拍でした。 分かりやすく、強拍は赤、弱拍は青で色をつけてみましょう! 

このリズムを叩いて見ると、ちょっといつもとは違う感じがしませんか? いつもなら弱拍に聞こえる4拍目が、強拍のように聞こえます。 また4拍目から1拍目にかけて、進んでいるような感覚になります。 このような譜例の場合、シンコペーションが生まれています!

小節内の場合

先ほどは、小節をまたいだシンコペーションを解説しましたが、小節ないで弱拍と強拍が繋がっていても、シンコペーションが生まれます。  こちらもまた、強拍と弱拍に色をつけてみましょう! 2拍目の弱拍と、3拍目の強迫が、二分音符により繋がっていますね!    いつもなら弱拍に聞こえる2拍目が、強拍のように聞こえます。 また2拍目から3拍目にかけて、進んでいるような感覚になります。

スラーがついた場合

高さが違う2つの音にスラーがついた場合は、最初の音にアクセントがつきます。  スラーがつくことにより、二拍子のように感じ、シンコペーションを感じます。 

アクセントがついた場合

弱拍にアクセントがついた場合も、シンコペーションが生じます。  

くま先生

シンコペーションは他にもいろいろな種類があるよ!

まとめ

くま先生

ピヨ太くん、お疲れさま!よくがんばったね!!
こんなにかっこいいリズムマスターできて、ボク嬉しいピヨ!

ピヨ太

くま先生

うん!ぜひ、アレンジとかにも活用してみてね!
これからも頑張るピヨー!!

ピヨ太

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です