休符について学ぼう!【4分休符・2分休符・全休符など】

休符 アイキャッチ

休符には、「音を鳴らさない」という意味があります。

今日は休符の種類を一緒に確認していきましょう!

STEP1 休符(きゅうふ)の種類を学ぼう!

今回は、以下の代表的な5つの休符について学んでいきます。

  • 全音符
  • 2分音符
  • 4分音符
  • 8分音符
  • 16分音符

楽譜の読み方についての記事で、音符の種類と音の長さについて学習しました。

音の長さの一覧

これらの音符の長さを、休符であらわすと、このようになります。

休符の長さ一覧

さっき習った音符に「〇〇休符」というように「休符」を付ければ、その音符の長さを休むことになるピヨね!

ピヨ太

くま先生

そうそう!でも全休符と2分休符は間違えやすいから注意が必要だ!

注意!間違えやすい休符

よく見ると、全休符と2分休符は形が似ていますね。

全休符は下から4番目の線に下向きにくっついていますが、2分休符は下から3番目の線に上向きにくっついています。

間違えやすい休符

この2つは間違えやすいので、注意するようにしましょう!

STEP2 休符の譜例を見てみよう!

それでは、実際の楽譜を見て、休符の長さを確認してみましょう!

今回見ていくのはこちらの楽譜です。
音の長さが視覚的にわかるよう、4分音符1つをブロック1つ分と考えてみましょう。

休符の譜例

まず、1拍目と2拍目には4分音符があります。

そして3拍目には、2分休符があります。
2分休符は、2分音符と同じ長さ分音を鳴らしません。

二分休符の音の長さ

2小節目の1拍目には4分音符、そしてその次には8分休符があります。
8分休符は、8分音符1つ分音を鳴らしません。

8分休符の音の長さ

そして2小節目の4拍目には4分休符があります。
4分休符は、4分音符1つ分音を鳴らしません。

休符の長さ、バッチリだピヨ!

ピヨ太

くま先生

どんどん楽譜を読んで、慣れていこう!

音楽理論のコンテンツを発信中!

「Kanade」では、音楽理論や作曲についてのコンテンツを発信しています。
音楽理論や作曲に興味のある方は、ぜひ他の記事もご覧になっていただけると嬉しいです!
 初心者向け音楽理論入門:基本の「き」から解説

初心者向け作曲講座【オリジナル曲を作ってみよう!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。