cresc.(クレッシェンド)デクレッシェンドの意味を解説【初心者むけ】

クレッシェンド とは?

クレッシェンドとは、イタリア語で「次第に音を強く」という意味です。 「f」(フォルテ)や「p」(ピアノ)などといった、強弱記号の一つになりますね!

クレッシェンド の効果とは?

クレッシェンド の効果としては、曲の表現をより豊にする、といったことがあります。
実際の曲でみてみましょう! 「ジョーズのテーマ」という曲はご存知でしょうか?

サメが人間を襲いまくるという怖い映画のテーマソングなのですが、この曲はcresc.(クレッシェンド)が多く使われいます。 ぜひ、今聴いてみてください…サメが近づいてくる雰囲気がするのではないでしょうか… 

引用元:Youtube 

こ…怖いピヨー!!!!!!!

ピヨ太

くま先生

小さい音から大きい音に…だんだん音が強くなってきているね!!サメがどんどん近づいて来る感じがクレッシェンドによって表されているね!
クレッシェンドの効果、すごいピヨー!

ピヨ太

これがもしクレッシェンドがついてなかったら、ただ単に「タラタラッタラタラッ」と二つの音が続いている、単調な曲となってしまいますね!笑
このように、クレッシェンドは、曲想を豊にする効果があるのです。

楽譜ではどのように書く?

クレッシェンドは、楽譜では様々な形で書かれます。 音を大きくし始めるところに「cresc.」や「crescendo」と表記する時や、 「<」のように、松葉のような記号で書くときもあります。 

この場合は、ミの音からドの音にかけて音を強くしていきます。 変化をゆっくりゆっくり付けたい場合は、以下のように単語を分けて記載するときもあります。 「cre….sc…en…do」「cresc……endo」

くま先生

楽譜の中で見落とさないように気をつけようね!!

デクレッシェンド とは?

「decrescendo(デクレッシェンド)」とは、イタリア語で「次第に弱く」という意味です。 クレッシェンド とは反対の意味になりますね! またデクレッシェンドと同じ意味のイタリア語で、「ディミヌエンド」というものがあります。 イタリア語では、「dim.」または「dimin」のように表します。

楽譜ではどのように書く?

デクレッシェンド・ディミヌエンドも、楽譜では様々な形で書かれます。 楽譜中、音を弱くし始める時に、「dim.」と表記する時や、 「>」のように、松葉のような記号で書くときもあります。  この場合は、ソの音からファの音にかけて音を弱くしていっています。

くま先生

クレッシェンドと松葉の向きが逆だね!!大きい幅→小さい幅になっているから、分かりやすいね!!

まとめ

くま先生

お疲れ様!今回のポイントを整理しよう!
  • クレッシェンドとは、「次第に強く」という意味!
  • デクレッシェンドは、「次第に弱く」という意味
  • この二つを使うと、曲の表現がより豊になる! 
クレッシェンドもデクレッシェンドもバッチリだピヨー!

ピヨ太

くま先生

すごい!!これからも頑張っていこう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です