ソナタ形式とは?【初心者の方向けに解説!】

ソナタ形式とは?

多くのソナタ形式は、以下の構成で成り立っています。

  1. 提示部
  2. 展開部
  3. 再現部
各部について解説していきます!

提示部とは

提示部では、第1主題第2主題が登場します。
第2主題は第1主題の平行調や属調(その調と近い属性の調)に転調する場合が多いです。

展開部とは

展開部では、文字の通り曲がどんどん「展開」していきます。
提示部の主題がいろいろな形に変わったり、曲が激しくなったりして 曲がどんどんドラマティックになっていきます。

再現部とは

再現部では、再び提示部の二つの主題が現れます。
第一主題は「主調」で現れますが、第二主題は「同主調」で現れることが多いです。

まとめると・・・

ソナタ形式を一つの表でまとめると、このようになります↓ 

大規模なソナタの場合

大規模なソナタの場合、提示部の前に「序奏」、再現部の後にコーダがあります。

  1. 序奏
  2. 提示部
  3. 展開部
  4. 再現部
  5. Coda「コーダ」
ベートーヴェンのピアノソナタ「悲愴」第一楽章にも、序奏部とコーダがあります。
引用元:YouTube

まとめ

お疲れ様でした!

ソナタなどを弾く際は、どこが提示部かといったようなことを紐解いてみてくださいね!
楽曲分析は、演奏に良い効果をもたらします。

これからも一緒に音楽の勉強を頑張りましょう!