付点の種類と読み方まとめ【付点二分音符・付点四分音符・付点八分音符】

付点とは?

付点とは、音符の横についている黒い点のことです。 付点がつくことにより、音の長さが変化します! 

読み方は?

読み方は、四分音符+付点で、付点四分音符(ふてんしぶおんぷ)と言います。 

音の長さは?

四分音符の半分の音の長さはなんでしょう? そう!八分音符ですね! 四分音符に八分音符をプラスします。 四分音符+八分音符分の長さが、付点四分音符になります。  

くま先生

この法則は、どんな付点音符も一緒だよ〜!他にも「付点二分音符」「付点八分音符」についてみていこう!!

付点二分音符・付点八分音符を確認!

それでは、付点二分音符・付点八分音符についてみていきましょう! くまさん先生が言ったように、法則は同じです!

付点二分音符

付点二分音符は、二分音符に付点が付いたものですね! 二分音符の半分の長さは?そう!四分音符です! ですので、二分音符に四分音符一つ付けた分の音の長さが、付点二分音符になります。 

付点八分音符

付点八分音符は、八分音符に付点が付いたものになります。 八分音符の半分の音符は十六分音符ですので、八分音符に十六分音符の長さがプラスされたものが付点八分音符の音の長さになります。 

付点十六分音符も同じです!付点は「付点がついている音符の半分の長さをプラスする」ということを頭に入れておけば、スラスラ読めることができます!

休符も同じ?

休符にも、付点をつけることができます、 法則は、先ほどの音符と全く同じです。 読み方も、先ほどのように、四分休符+付点で、付点四分休符(ふてんしぶきゅうふ)と言います。 

付点が付いた音符の半分の長さの分だけ、音を休みます。 四分休符の半分の音は八分休符ですので、八分休符をプラスします。  他の二分休符や八分休符も、同じ法則になります♫

点が2つ?複付点とは?

さらにもう1つ!これはほとんど使わないのですが…こんなものもあるのだ!程度にみてみましょう! こちらのように付点が二つついている、「複付点音符」というものがあります。 

四分音符の場合、読み方は「複付点四分音符」と言います。 長さは、付点についた音符の長さのさらに半分の長さを追加します。 例えば四分音符の場合、四分音符の半分の音符「八分音符」をプラスし、そのさらに半分の「十六分音符」をプラスするという形になります! 

他の音符や休符も、同じ法則になります!

まとめ

くま先生

ピヨ太くんお疲れ様!!よくがんばったね!!
付点はいろいろな曲にも使われていたから、さらに弾ける曲が広がって嬉しいピヨ!!

ピヨ太

くま先生

これからも、いろいろな種類の音符を読めるようになっていこうね!
頑張るピヨー!

ピヨ太

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です