楽譜の読み方を完全マスター【ト音記号・ヘ音記号・音符の種類・休符など】

音楽をはじめたい!そう思っても、

「楽譜ってどうやって読むのだっけ…?」

と不安に思ったことはありませんか?

そこで今回は、楽譜の読み方について基本の「き」から解説していきます!
目次からそれぞれの項目に飛べますので、分からないところを読んでいただけますと幸いです^^

くま先生

一緒に頑張って勉強していこう!
頑張るピヨー!

ピヨ太

ドレミのきほんを学ぼう!

ではまず、ドレミをよむ上で大切な記号を学ぼう!以下の2つの記号を学んでいくよ!
  • ト音記号 (とおんきごう)
  • ヘ音記号(へおんきごう)

ト音記号とは?

まずはこちらの譜例をみてください↓  一番左にこのようなマークがありますね! 

これは「ト音記号」といいます。 なぜト音記号というのでしょうか?
先ほどの譜例をもう一度みてみましょう! 

下から二番目の線のところにある音符は「ソ」の音を表しています。
ト音記号も「ソ」のからはじまっています。 

「ドレミファソラシド」というのはイタリア語で、日本語では「ハニホヘトイロハ」で表すことができます。 日本語だと「ソ」の音は「ト」になりますので、「ト音記号」といいます。

音の高さはどうなる?

楽譜では、音の高さは五線が上にいくほど高くなり、下に下がるほど低くなります。 

ですので、線をどんどん足していけば、さらに高い音も表せるようになります!  

すごくシンプルだ!

ピヨ太

くま先生

そうそう!音符のよみ方は、実はとてもシンプルなのだよ!

ヘ音記号とは?

ヘ音記号は、ト音記号で表す音のさらに低い音を表す時に使います。
左手の音符は、よくヘ音記号で書かれています!

ヘ音記号は、上から二番目の線から書かれています。
この、音は「ファ」の音、そして日本語だと「へ」の音になりますので、「ヘ音記号」といいます。

音の高さも、先ほどと同じように上にいくほど高く、下にいくほど低くなります。

練習問題!

それでは、ドレミの読み方を学習したところで、実際に音符の読み方を練習しましょう!
下の音符を読んでみてください♪

問題1 この音はなんの音でしょうか?

「ラ」の音でした!表をみて確認しよう!  

問題2 この音はなんの音でしょうか?


 「レ」の音でした!表をみて確認しよう! 「レ」の音は、こちらの表の高い「ド」の一個上の音ですね!

問題3 この音はなんの音でしょうか?

 「レ」の音でした!表をみて確認しよう! 

これはヘ音記号という記号でしたね!ト音記号と間違えないように注意しましょう!

くま先生

全部できたかな?できなかったらもう一度復習しよう!

発展編:臨時記号を読めるようになろう!

音符には、こちらのような「臨時記号」(読み方:りんじきごう)がつく場合があります。


臨時記号は、音を半音高くしたり、低くしたりする役目があります。 臨時記号には、主に三つの種類があります。

  1. シャープ(#)
  2. フラット(♭)
  3. ナチュラル
この臨時記号については、こちらでイラストを使いながらまとめてありますので、ぜひご覧ください↓ 臨時記号の読み方まとめ【シャープ・フラット・ナチュラルとは?】

音符の種類を学ぼう!

くま先生

次は、音符の種類について学んでいくよ!今回は、この5つの音符をよめるようになろう!
 

くま先生

今回は、4分の4拍子の楽譜で学んでいくよ!
 

四分音符とは?

4分の4拍子のとき、四分音符は一拍分の長さをあらわします。 

全音符とは?

全音符は、小節の分だけ伸ばす音符のことをいいます。

例えば拍子が4分の4拍子だったら、四拍分のばします。

2分音符とは?

2分音符とは、4分音符2つ分を表す音符です。 

くま先生

ここまでわかったかな?
わかったピヨ!

ピヨ太

8分音符とは?

8分音符は4分音符の半分の音の長さをあらわします。

8分音符2つで、4分音符1つ分の音の長さになります。 

16分音符とは?

16分音符1つで、4分音符の4分の1の長さを表します。

16分音符2つで8分音符1つ分、16分音符で4つ分で4分音符1つ分になります。  

16分音符が4つで四分音符、2つで8分音符、、、!なんだか足し算みたいだピヨ!

ピヨ太

くま先生

そうだね!ちょっと整理しよう!

ちょっと整理

 

だんだん分かってきたピヨ!

ピヨ太

くま先生

いますぐに分からなくても、楽譜を読んでいくうちにだんだんとよめるようになってくるよ!

練習問題!

くま先生

では、練習問題にチャレンジしてみよう!

1、4分音符は8分音符何個分でしょうか?

 答え: 8分音符2つ分  

2、8分音符は16分音符何個分でしょうか?

 答え: 16分音符2つ分  

休符(きゅうふ)をまなぼう!

くま先生

ではつぎは休符について学ぶよ!
きゅ、休符…?

ピヨ太

くま先生

休符とは、「休む」「音符」のことで、休符の時は音を出さないのだよ!
なるほど!

ピヨ太

休符の長さは?

くま先生

休符の長さは、それぞれの音符の長さと一緒だよ!
さっき習った音符に「休符」を付ければ、その音符の長さを休むことになるのだピヨ!

ピヨ太

くま先生

そうそう!だいぶ音符の仕組みが分かってきたね!!

練習問題!

では、復習として練習問題を解いてみましょう!

問1 二分休符は、四分音符いくつ分休みますか?

四分音符二つ分 解説:二分休符は、二分音符と同じ音の長さです。よって、四分音符二つ分の長さになります。  

問2 四分休符は、八分休符いくつ分ですか?

八分音符二つ分 解説:四分休符は、四分音符と同じ音の長さです。四分音符は、八分音符二つ分の長さになりますから、 八分音符=八分休符と同じ長さですので、八分休符二つ分になります。  

まとめ

ピヨ太くん、おつかれさま!
ト音記号、ヘ音記号がバッチリになったピヨ!!

ピヨ太

うんうん、その調子! 君は今ミュージシャンへの第一歩を踏み出したよ!
これからも頑張るピヨー!

ピヨ太

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です