シャープ・フラット・ナチュラルとは?【臨時記号をマスター】

今回は、楽譜を読む上でとても大切な、以下の記号について解説していきます!

  •  シャープ(♯)・ダブルシャープ
  •  フラット(♭)・ダブルフラット
  • ナチュラル 

これらの記号は、ざっくりに説明すると音の高さを変化させることができる記号です。

それでは一つずつ意味を学んでいきましょう!

シャープ(♯)とは?

まず、例として、ド♯の音をみてみましょう。

シャープがつくと、その音は半音高くなります。

半音上がるとは、すぐ右隣の鍵盤の高さに変化するということです。

半音って何?と思われた方は、まずはこちらの記事をご覧ください!
半音・全音の違いとは?音程を学ぶための基礎項目

鍵盤のイラストで「ド♯」の位置を確認しましょう!

では次に、ミ♯の音をみてみましょう。

同じように、半音高く、つまりすぐ右隣の音の高さに変化します。
ミのすぐ右隣の音は、黒鍵を挟まないので鍵盤上だと「ファ」の位置になりますよね。
鍵盤のイラストで確認しましょう。

位置だけ見ると「ファ」の音の高さですが、「ファ」と読まずに「ミ♯」と読むように気をつけましょう!

ダブルシャープとは?

「シャープの音は半音上がる」ことについて勉強しましたが、「ダブルシャープ」というものもあります。
ダブルシャープとは、その名の通りシャープ2つ分、つまり半音2つ分上がります。

例としてレのダブルシャープの音を確認しましょう!

レのダブルシャープ

ダブルシャープは✖️のような記号を書きます。

レにシャープがつくと「レ♯」の高さになり、さらに半音上がるので鍵盤では「ミ 」の位置になります。
鍵盤のイラストで位置を確認しましょう。
緑の丸印がついたところが、レのダブルシャープになります。

先ほど同じように、「ミ」とは読まず「レのダブルシャープ」と読むようにしましょう!

フラット(♭)とは?

フラット(♭)がついた音は、半音低くなります。つまり、すぐとなりの低い音へと変化します。

「♯」の逆ですね!
例として、レのフラットの音をみてみましょう。

レのすぐとなりの低い音は黒鍵の「レ♭」になりますね。


鍵盤で位置を確認しましょう。

ダブルフラットとは?

ダブルフラットは、その名の通りフラット2つ分、つまり半音2つ分音が低くなります。

レにダブルフラットがつくと、どの鍵盤の位置になるでしょうか?

先ほどのレ♭の音からさらに半音下がるので、以下のように緑の印の位置がレのダブルフラットの音になります!

ナチュラルとは?

最後に、ナチュラルについて勉強しましょう!

ナチュラルには、シャープやフラットにより変化した音を、元に戻す役割があります。

楽譜のルール上、同じ小節内であれば一度ついたシャープなどの臨時記号はずっと効果をもたらします。

下の楽譜の一小節目の2つ目の「ファ」の音にはシャープはついていません。
しかし同じ小節内にあるため、「ファ」の音にもシャープがつきます。

また、小節線をまたぐと、ナチュラルなどがなくても自動的に臨時記号の役割が消えます。
下の画像のように、小節線をまたぐと♯がつかなくなります。

「ファ」のシャープを取りたい場合は、音符に「ナチュラル」という記号を書いてあげましょう。

そうすると、ファの音にシャープが付かなくなります。
ダブルシャープやフラットなどの他の記号に関しても、同じルールになります。

臨時記号は見落としやすいので、楽譜を読む時は注意をするようにしましょう!

練習問題!

それでは、最後に練習問題をといてみましょう!

1、以下の音符は、鍵盤ではどの位置になりますか?

レの音にシャープがついていますね!

シャープの音がつくと、音が半音上がります。
レの音から半音上がった黒鍵の位置が、レのシャープになります。

2、以下の音符は、鍵盤ではどの位置になりますか?

ラの音にフラットがついていますね!
フラットがつくと音が半音下がります。

ラの音から半音下がった黒鍵の位置が、ラのフラットになります。

分からないところがあったら、前の項目に戻って復習しましょう!

まとめ

お疲れ様でした!

今回のポイントを復習しましょう!

  • 音符に♯がつくと、その音は半音上がる
  • 音符に♭がつくと、その音は半音下がる
  • ナチュラルがつくと、ついていた臨時記号の効果が消える
  • 同じ小節線内では、臨時記号の効果は続く
  • 小節をまたぐと、臨時記号の効果は消える

これからも一緒に音楽の勉強を頑張っていきましょう!!