臨時記号の読み方まとめ【シャープ・フラット・ナチュラルとは?】

シャープ(♯)とは?

シャープ(♯)がついた音は、半音上がります。 例として、ド♯の音をみてみましょう! 

シャープ(♯)は半音1つ上がるため、ドのすぐとなりの黒鍵の音がド♯になります。 

では次に、ミ♯の音をみてみましょう! 

これもまた、ミの音から半音上がった音が「ミ♯」の音になります。 

ダブルシャープとは?

「シャープの音は半音上がる」ことについて勉強しましたが、「ダブルシャープ」というものもあります。 ダブルシャープとは、その名の通りシャープ2つ分、つまり半音2つ分上がります。 レのダブルシャープは、一体なんの音を弾くのでしょうか?

レのダブルシャープ↓

レから半音2つ分上がるため、位置は鍵盤の「ミ」の場所になります。 ですが、「ミ」とは読まないように気をつけましょう! 

フラット(♭)とは?

フラット(♭)がついた音は、半音低くなります。♯の逆ですね! 例として、レのフラットの音をみてみます。 

シャープ(♯)は半音1つ下がるため、水色の印がついてある黒鍵の音がレ♭になります。 

ダブルフラットとは?

ダブルフラットは、その名の通りフラット2つ分、つまり半音2つ分音が低くなります。 レのダブルフラットの音はどこの鍵盤の位置になるでしょうか?   

レの音から半音2つ分下がった水色の印の場所が、レのダブルフラットの音になります! 

ナチュラルとは?

最後にもう1つ!ナチュラルについて勉強しましょう! ナチュラルは、シャープやフラットにより変化した音を、元に戻し、何もな状態にするときに使います。 楽譜は、同じ小節内であれば臨時記号は有効です。 下の楽譜の場合、2つ目の「ラ」の音にはシャープはついていませんが、同じ小節内にあるため「ラ」の音にもシャープがつきます。  「ラ」の音のシャープを取りたい場合は、音符に「ナチュラル」という記号を書いてあげましょう! 

まとめ

シャープ・フラット・ナチュラルはもうバッチリだピヨ!!

ピヨ太

くま先生

素晴らしい!よくがんばったね! 楽譜を読む時、よくシャープのやフラットの付け忘れ、ナチュラルなどを見落としてしまう場合があるんだ!譜読みの時は、シャープ、フラット、ナチュラルをよく確認するようにしようね!
分かったピヨー!!

ピヨ太

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です