セブンスコード(四和音)の種類と仕組みを徹底解剖【初心者向け】

今回は、セブンスコードについて解説していきます!

セブンスコードとは、「C7」のように、コードネームのアルファベットの隣に「7」がついたものをいいます。
日本語では「四和音」といいます。

セブンスコードには様々な種類があり、それぞれ特徴があります。
今回は、セブンスコードの仕組みや種類について学習していきましょう!

くま先生

一緒に頑張って学んでいこう!

セブンスコードの仕組み

セブンスコード(四和音)とは、トライアド(三和音)の三度上にもう一つ音を追加したものをいいます。

コードとは何か?と思われた方は、次に進む前にこちらの記事をご覧ください!↓
ピアノコードを完全網羅【読み方・覚え方・種類を解説】

例として、「C7」をみてみましょう! 「C」という和音は「ドミソ」という和音でしたね!  ドミソという和音は、根音から3度+3度と音が積み重なっていましたが、 更にその3度上に音を追加したものが、セブンスコードになります。 根音と追加した音の関係は「7度」になります。

セブンスコードの種類

セブンスコードには、以下のような種類があります。

  • ドミナント7th(=Dominant 7th)
  • メジャー7th(=Major 7th)
  • マイナー・メジャー7th(Minor Major7th)
  • マイナー7th♭5(Minor 7th ♭5)
  • オーギュメント7th(Augment 7th)
  • オーギュメント・メジャー7th(Augment Major 7th)
  • ディミニッシュ7th(Diminished 7th)
一つずつ解説していきます!

ドミナント7th

構成

例:「C7」

ドミナント7thのコードの構成は、「長三和音(メジャートライアド)+短3度上の音」になります。 例として、「 C7」の和音をみてみましょう。メジャートライアドの「ドミソ」の上に、短3度上の音である「♭シ」の音が加わっていますね! また、この和音は「属七の和音」とも呼ばれます。

 

メジャー7th

構成 

例:「CM7」

メジャー7thのコードの構成は、「長三和音(メジャートライアド)+長3度上の音」になります。 例として、「 CM7」の和音をみてみましょう。メジャートライアドの「ドミソ」の上に、長3度上の音である「シ」の音が加わっていますね! アルファベットの隣に、大文字の「M」がつくので、見落とさないようにしましょう! また、この和音は「長七の和音」とも呼ばれます。

マイナー7th

構成 

例:「Cm7」

マイナー7thのコードの構成は、「短3和音(マイナートライアド)+短3度上の音」になります。 例として、「 Cm7」の和音をみてみましょう。マイナートライアドの「ドミ♭ソ」の上に、短3度上の音である「♭シ」の音が加わっていますね! この和音は、「短七の和音」とも呼ばれます。

マイナーメジャー7th

構成

例:「CmM7」

マイナーメジャー7thのコードの構成は、「短三和音(マイナートライアド)+長3度上の音」になります。 例として、「 CmM7」の和音をみてみましょう。マイナートライアドの「ドミ♭ソ」の上に、長3度上の音である「シ」の音が加わっていますね!

マイナー7th♭5

構成 

例:「Cm7(♭5)」

マイナー7th♭5のコードの構成は、「減三和音(ディミニッシュトライアド)+長3度上の音」になります。 例として、「Cm7(♭5」の和音をみてみましょう。ディミニッシュトライアドの「ドミ♭ソ♭」の上に、長3度上の音である「♭シ」の音が加わっていますね! こちらのCm7(♭5)のコードはルートとの音程の間隔から「減5短7の和音」とも言われております。 また、この和音は「ハーフ・ディミニッシュ」とも呼ばれています。 以下のように記載されることもあります。

  • Cm7(-5)
  • Cm7 -5

オーギュメント7th

構成 

例:「Caug7」

メジャー7thのコードの構成は、「増三和音(オーグメントトライアド)+減3度上の音」になります。 例として、「 Caug7」の和音をみてみましょう。オーグメントトライアドの「ドミソ♯」の上に、減3度上の音である「シ♭」の音が加わっていますね! こちらのコードは、以下のようにも記載されます↓

  • C7(#5)  
  • C7(+5)    

オーギュメント・メジャー7th

構成 

例:「CaugM7」

オーギュメント・メジャー7thの構成は、「増三和音(オーグメントトライアド)+短3度上の音」になります。 例として、「 CM7(♯5)」の和音をみてみましょう。オーグメントトライアドの「ドミソ♯」の上に、短3度上の音である「シ」の音が加わっていますね! この和音は、「増七の和音」 とも言われます。

ディミニッシュ7th

構成 

例:「Cdim7」

ディミニッシュ7thの構成は、「減三和音(ディミニッシュトライアド)+短3度上の音」になります。 例として、「 Cdim7」の和音をみてみましょう。ディミニッシュトライアドの「ドミ♭ソ♭」の上に、短3度上の音である「シ♭♭(シのダブルフラット)」の音が加わっていますね! こちらの和音は、「減七の和音」とも言われます。

まとめ

くま先生

お疲れ様でした!今回のポイントを整理しよう!
  • 7thコードは、トライアドに3度上の音を更に追加したコード
  • 様々な種類があり、響きが異なる
  • 弾いて、感覚で覚えることも大切!
セブンスコードってたくさんの種類があるのだピヨね〜知らなかったピヨ!

ピヨ太

くま先生

これからも一緒に音楽の勉強頑張ろう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です