コード進行入門:カノン進行とは?【楽譜を用いながら解説】

カノン進行とは?

カノン進行とは、コード進行の一つです。
パッフェルベルの「カノン」という曲のコード進行が元となっているため、「カノン進行」と呼ばれています。
ぜひこちらの曲を一度聴いてみてください!

引用元:YouTube 

いろんな名曲に使われている?

カノン進行は、J-POPのいろいろな名曲に使われています!
こちらのYouTubeの動画は、カノン進行を用いているJ-POPがまとめて紹介されています。

引用元:YouTube

「少年時代」や「さくらんぼ」など、数々の名曲がカノン進行によって書かれているのが分かりますね!!

カノン進行が弾けるようになれば、たくさんの曲が一気に弾けるようになるんだね!

ピヨ太

くま先生

そうそう!とても便利なコード進行なのだ!!

どんなコード進行なの?

カノン進行は、「キー=C」の場合、以下のコード進行になります。

C→G→Am→Em→F→C→F→G

和音度数で表すと、以下のようになります!

Ⅰ→Ⅴ→Ⅵ→Ⅲ→Ⅳ→Ⅰ→Ⅳ→Ⅴ

また、最後の「F」を「Dm」に変えても素敵になります。

C→G→Am→Em→F→C→Dm→G
Ⅰ→Ⅴ→Ⅵ→Ⅲ→Ⅳ→Ⅰ→Ⅱ→Ⅴ

実際に弾いてみよう!!

お手元にピアノがある方は、ぜひ一度弾いてみてください!

何度も弾くうちに、手と耳がが自然に覚え、楽譜を見なくても弾けるようになります。
また、いろいろなキーでカノン進行が弾けるようになると、移調などがしやすくなります。
歌うときにキーの変更を瞬時にできるようになりますので、ぜひいろいろな調で弾けるよう練習しみてくださいね^^

まとめ

お疲れ様でした!今回のポイントを復習しましょう!

  • カノン進行で書かれている名曲はたくさんある!
  • 和音度数で表すと「Ⅰ→Ⅴ→Ⅵ→Ⅲ→Ⅳ→Ⅰ→Ⅳ→Ⅴ」
  • いろいろなキーでカノン進行が弾けるとより便利!

またこちらの記事では、他の代表的なコード進行についても解説しています。
もしよろしければご覧ください!
初めてのコード進行:王道進行・小室進行などまとめ