初心者向け音楽理論入門:音程の意味・読み方・種類まとめ

今回は、音程について初心者の方向けに解説していきます!

音程は音階やコードを学ぶ上でも必要不可欠の知識となります!

しかし「音程」は挫折してしまう人が多い項目でもあります。
筆者も音程を学びはじめたときは、頭が混乱してしまいました。

焦らず一緒にじっくり紐解いて学んでいきましょう!

くま先生

最初は大変だけど、わかったら音楽理論への道がもっと広がるから頑張ろう!
コツコツ頑張るピヨー!!

ピヨ太

音程とは?

音程とは、音の音との「間隔」のことをいいます。
英語では「interval」と言います。

音程は「1度、2度、3度」というふうに数えます。

なんだかよく分からないピヨ…

ピヨ太

くま先生

これはよく音楽理論とかで使うよ!慣れてくると感覚で分かるようになるから、今すぐに分からなくても大丈夫だよ!1から学んでいこう!

ドーミの音程は何度?

まず例として、ドからミの音は何度かを見てみましょう!

音程を数える時は、「ド」の音から、「ミ」の音まで数字で数えます。

「ミ」の音は、「ド」の音から数えると3番目の音になりますが、 これは三度の隔たりがあると考えらます。 ですから、音程も「3度」というようになります。 

ミーシの間は何度?

まず、ミからシの音は何度か見てみましょう! 

「シ」の音は、「ミ」の音から数えて5個目の音ですので、 音程は「5度」というふうになります。

音程の種類を学ぼう!

度数の数えかたについて学習しました。 音程には、「完全」や「長」といった、以下のような5つの種類があります。

  • 完全

それぞれの音程によって響きに違いがあります。 詳しくみていきましょう!

半音・全音が大切

くま先生

ピヨ太くん、半音・全音とかって知ってる?
えっ…シナライピヨ?

ピヨ太

くま先生

半音、全音というのは、音程を学ぶ上でとても大切なことなんだ!まずはこの記事で半音と全音について学んでから、次へ進もう!
半音・全音の違いとは?音程を学ぶための基礎項目

完全とは?

まず、完全音程を学びましょう! 完全音程は、二音がよく調和します。 以下の度数が、完全で表すことができます。

  • 1度
  • 4度
  • 5度
  • 8度
音程は、シャープやフラットで幅が広がったり狭まったりすると変化します。 ですので、必ずしも4度=完全と覚えるのは危険です。この音程の変化については、後ほど説明します。

長/短とは?

では次に、長音程、短音程について学びます。 以下の度数が、長・短と表すことができます。

  • 2度
  • 3度
  • 6度
  • 7度

長音程・短音程の見分けかた

長音程・短音程どちらかを見分けるには、「半音」が鍵となります。
例えば、ドーミの音程の場合

ここには半音が含まれていないため、「長3度」といいます。 ミーソの間はどうなるでしょうか? 「ミーファ」の半音を挟んでいるので、これは短3度です。

長◯度+半音狭くなる場合は?

例えば、「ファーラ♭」のように、長3度から半音音程が狭まる場合は短3度になるので、気をつけましょう! 

増・減とは?

増とは、「完全音程」または「長音程」の度数の幅が半音広がった場合のことをいいます。 例えば、ドーソ#だった場合 

ドーソの音は完全5度でしたが、半音幅が広がり、「増5度」になります。 では「ソ」の音が、半音低くなったらどうなるでしょうか? この場合は、「減5度」といいます。 

長音程、短音程の場合

長音程・短音程の場合も同じです。 半音狭まるか、広がるかが鍵になっています。

長◯度+半音広がる場合=増

例えば「ファーラ#」の場合をみてみましょう! 

ファーラの音程は長3度でしたが、半音広がることによって「増3度」になります。

短◯度+半音狭くなる場合=減

ミーソは短3度でしたが、半音狭くなることによって「減3度」になります。

まとめ

くま先生

ピヨ太くんお疲れ様!よくがんばったね!!
音程って奥が深くて面白かったピヨ!

ピヨ太

くま先生

ピヨ太くん、最初はドレミも読めなかったのに、、、くま先生は感動だ!!
これからも頑張るピヨ!!

ピヨ太