平行調・同主調・属調・下属調とは?【近親調を完全マスター】

関係調・近親調とは? こちらの記事では調について学習しましたが、 音階と調は?長調・短調の法則を解説【音楽理論入門講座】 調にはそれぞれ関係のある調が存在してまして、それらは「近親調」と呼ばれています。 今回は、以下の4つの近親調について解説していきます。

  • 同主調
  • 平行調
  • 下属調
  • 属調

まずはこちらをチェック!

近親調の学習に入る前に、「主音」や「下属音」というの学習しておくと、今後の学習がスムーズになります。 「主音や下属音って何?」と思われた方は、まずこちらの記事を先にご覧ください↓ 主音・属音・下属調・導音とは?【初めての音楽理論 入門講座】

同主調とは?

同主調とは、同じ主音をもつ調のことをいいます。 例えば、C dur(ハ長調)の主音は「C」(ド)になりますよね!

 

同じように、C moll  (ハ短調)の主音も「C」(ド)の音になりますので、C mollは C durの同主調と言えます。 ハ短調↓ 主音がハ長調と同じく「C」で始まってますね! 

平行調とは?

平行調とは、同じ調号をもつ短調と長調のことをいいます。 例えば、G dur(ト長調)とe moll(ホ短調)は調号が「Fis 」(ファ#)と同じです。 

ですので、G dur は e moll の平行調と言えます。 また長調の場合、主音の短3度下が平行調、短調の場合、短3度上が平行調になります。

G durの場合、主音は「G」(ソ)の音になりますよね。
「G」(ソ)の短3度下の音は「E」(ミ)の音になりますから、「E」(ミ)が主音の短調、つまりe moll (ホ短調)が平行調となるわけです。
同じように、e moll (ホ短調)の場合、主音は「E」(ミ)の音になりますから、「E」(ミ)の音の短3度上は「G」(ソ)になりますので、 e moll (ホ短調)の平行調は G dur(ト長調)になります。

属調とは?

属調とは、その調の属音を主音とした調のことをいいます。 属音とは、音階の5番目の音でしたね! C dur(ハ長調)の場合、属音はG (ソ)になります。

G(ソ)を主音とした調は、G dur(ト長調)になります! ですので、G dur(ト長調)は  C dur(ハ長調)の属調といえます。 

下属調とは?

下属調とは、その調の下属音を主音とした調のことです。 下属音とは、その調の4番目の音でしたね!

C dur(ハ長調)の場合、属音はF(ファ)になります。 ですので、F dur(へ長調)は  C dur(ハ長調)の下属調といえます。 

まとめ

くま先生

ピヨ太くん、お疲れ様!よく頑張ったね!!
ちょっと今回は難しかったピヨ!でもわかって嬉しいピヨ!

ピヨ太

くま先生

よく頑張ったね!!この勉強は、転調にも役に立つからね!
シンガーソングライターへの階段をまた一歩のぼったピヨー!!

ピヨ太

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です