主音・属音・下属調・導音とは?【初めての音楽理論 入門講座】

今回は、以下の4つの言葉について解説していきます!

  • 主音
  • 下属調
  • 属調
  • 導音

これら用語は、音楽理論を学ぶ上でとても大切になります!
それでは早速学んでいきましょう!

それぞれの名称を学ぼう!

では、音階におけるそれぞれの名称を解説していきます。

まずはローマ数字を確認

まず、それぞれの用語について学ぶ前にローマ数字について確認しましょう。
音階の音は、ローマ数字で表すことができます。
「1、2、3、4、5、6、7 」を、ローマ数字では「Ⅰ、Ⅱ、 Ⅲ、Ⅳ 、 Ⅴ、 Ⅵ、 Ⅶ」と表します。

音階の1番目の音は「Ⅰ」、5番目の音は「Ⅴ」と考えられます。

このローマ数字はとても大切なので、きちんと覚えるようにしましょう!

主音とは?

主音とは、その音階1番目の音、つまり「I」の音です。
主音はその音階を代表するような音になります。

ハ長調の場合はドが音階の1番最初になりますので、ドの音が主音になります。

ト長調だった場合は、「ソ」の音が主音になります。

下属音とは?

下属音とは、その音階の4番目の音、つまり「Ⅳ」の音です。

例としてハ長調をみてみましょう。
ハ長調の音階の4番目の音はファになります。
よって、ファの音が下属音となります。

ト長調の場合は、Ⅳの音の「ド」の音が下属音になります。

属音とは?

属音とは、その音階の5番目の音、つまり「Ⅴ」の音です。

ハ長調の場合は、Ⅴの音であるソが属音となります。

属音も主音を支配するような、重要な音になります。

ト長調の場合、5番目のレの音が属音となります。

導音とは?

導音はその音階の7番目の音、つまり「Ⅶ」の音になります。
その名の通り主音へと導かれるような性質を持っています。

ハ長調の場合は、Ⅶのシの音が導音となります。

ト長調の場合は、Ⅶのファ♯の音が導音となります。

その他の音の名称

上記に紹介した以外の音にも、名称がついています。

Ⅱの音は、主音の上の音なので、「上主音」と言います。
Ⅲの音は、中音と言います。
Ⅵの音は、下中音と言います。
中音と下中音が間違いやすいので、三度上がる音は「中音」、主音より三度下がる音は「下中音」と覚えましょう!

練習問題!

それでは実際に問題を解いてみましょう!

問題1 ニ長調の導音は何の音でしょう?

答え:Cis(ド#)
解説:導音は7番目の音になります。
ニ長調の7番目の音はCis(ド#)なので、Cis(ド#)が導音になります。

問題2 イ短調の下属音は何の音でしょう?

答え:D(レ)
解説:下属音は4番目の音になります。
イ短調の4番目の音はD(レ)になりますので、D(レ)が下属音になります。

問題3 ホ長調の主音は何の音でしょうか?

答え:E(ミ)
解説:主音は1番目の音なので、E(ミ)の音が主音になります。

くま先生

全部できたかな?できなかったらもう一度復習しよう!

まとめ

お疲れ様でした!今回の内容を確認しましょう!

音階における位置 名称
主音
上主音
中音
下属音
属音
下中音
導音

これからも一緒に音楽の勉強を頑張りましょう!

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。