拍子記号の読み方【4分の4拍子・4分の3拍子・8分の6拍子】

拍子記号とは、下記の画像のように楽譜の一番最初などに書かれている記号です。

拍子記号はその曲がどのような拍子で進んでいくのかを示しています。
今日は拍子記号について詳しく解説してきます!

くま先生

一緒に音楽の勉強を頑張りましょう!

拍子記号の仕組み

拍子記号は、分数のように下からよみます。

4分の4拍子の場合

4分の3拍子の場合

◯分△拍子というのは、 どの音符(◯)一小節にいくつはいるか(△)、 ということを示しています。

拍子記号にはいろいろな種類がありますが、今回は代表的な以下の4つを詳しく解説していきます!

  1. 4分の4拍子
  2. 4分の3拍子
  3. 2分の2拍子
  4. 8分の6拍子

4分の4拍子(よんぶんのよんびょうし)

4分の4拍子の場合をみてみましょう!

4分4拍子の場合、4分音符4つ一小節にはいります。 数え方は「1、2、3、4」という風に数えます。

くま先生

「パプリカ」や「マリーゴールド」と言った曲も4分の4拍子だよ!

4分の3拍子(よんぶんのさんびょうし)とは?

4分3拍子の場合、4分音符3つ一小節にはいります。

数え方は「1、2、3, 1、2、3…」という風に数えます。

くま先生

4分の3拍子は、ワルツによく使われるよ!

2分の2拍子(にんぶんのにびょうし)の場合

2分2拍子の場合、2分音符2つ一小節にはいります。

8分の6拍子(はちんぶんのろくびょうし)の場合

8分6拍子の場合、8分音符6つ一小節にはいります。

くま先生

この法則さえわかれば、どんな楽譜もすぐ分かるようになるよ!!

練習問題

問1 これは何分の何拍子でしょうか?

 答え:4分の3拍子 

問2 これは何分の何拍子でしょうか?

 答え:4分の2拍子 

問3 これは何分の何拍子でしょうか?

 答え:8分の6拍子 

まとめ

お疲れ様でした!
今回のポイントを復習しましょう!

  1. 拍子記号は、その曲が何分の何拍子の曲なのかを示す記号
  2. 拍子記号は、分数のように下からよむ
  3. ◯分の△拍子というのは、 どの音符(◯)が一小節にいくつはいるか(△)、 ということを示している

くま先生

これからも一緒に音楽の勉強を頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です