ダルセーニョとダ・カーポとは?【二つの違いを徹底解説】

ダ・カーポ(D.C)とは?

ダ・カーポが書かれていたら、こちらのように楽譜の最後に「D.C」と書かれています。 ダ・カーポが書かれていたら曲の先頭に戻ります。 

そして、「fine」が書かれているところで終わります。

こちらの譜例ははどのような順番で演奏するでしょうか? 小節にアルファベットをふって考えてみましょう!  正解は「A→B→C→D→E→F→G→H→A→B→C」になります!
また、fine以外にも、フェルマータがついていたらそこで終わりになります。 

ダルセーニョとは?

ダルセーニョとは、楽譜の最後に「D.S」と書かれているもので、 「D.S」と書いてあったら楽譜のセーニョ記号まで戻ります。 セーニョ記号はこちらです。 

こちらの楽譜のように、「D.S」と書かれています。  こちらの譜例ははどのような順番で演奏するでしょうか? また小節にアルファベットをふって考えてみましょう!  正解は「A→B→C→D→E→F→G→H→B→C」になります!
また、ダルセーニョの場合もダ・カーポと同じように、フェルマータがついていたらそこで終わりになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 今回は、ダ・カーポとダルセーニョについて解説しました! ポイントを復習しましょう!

  • ダ・カーポははじめに戻るという意味
  • ダルセーニョはセーニョ記号まで戻るという意味
  • fineまたはフェルマータが書かれているところで終わる
これからも、一緒に音楽の世界を楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です