和音記号とは?【初心者向け音楽理論講座】

今回は、作曲にも役立つ、「和音記号」について解説していきます。

一見難しいそうに見えますが、ただ和音をローマ数字で表したものです。
どの音階にも共通して使える記号なので、しっかりとおさえましょう!

和音記号とは?

和音記号とは、和音をローマ数字で表したものです。

ローマ数字をどのように表記するのかは、以下の表の通りです。

数字 ローマ数字

どうやって使うの?

例として、ハ長調(C Major)をみてみましょう。
こちらのように、それぞれの音符の下にローマ数字を記述します。
このローマ数字は、音階においてその音が第何番目かを表すものです。

 「ミ 」の音は、3番目の音になりますね。

ですので、「Ⅲ」というローマ数字で表します。

次に音階の上に、音階の音を使って和音をつくります。 上記の和音は、「Ⅰ度の和音」「Ⅴ度の和音」と呼びます。

七の和音も表せる

和音記号は、七の和音も表すことができます。
先ほどの「Ⅰ」といったローマ数字の右隣下に、数字の「7」を付ければOKです。  この理論は、他のどの調においても同じです。

和音記号を学ぶメリット

和音記号が分かるようになると、コードを弾く際にとても便利になります。 例えば「I-Ⅴ-Ⅵ-Ⅳ」というコード進行があった場合、 どんな調でもそのコード進行を弾くことができます。

ハ長調の場合

ト長調の場合

他にも「カノン進行」や「王道進行」と言った様々なコード進行がありますが、
和音記号を理解していればどの調でも弾くことができます。
コード進行について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
初めてのコード進行:王道進行・小室進行などまとめ

まとめ

お疲れ様でした! 今回は、和音記号について解説しました。
あまり身近に感じない和音記号ですが、コード進行を理解する時は大変便利ですので、 ぜひ頭に入れておいてくださいね!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!