意外と知らない「移動ド」と「固定ド」の違い【初心者向けに解説!】

「移動ド」とは?

「ドレミファソラシド」と聴くと、「ハ長調」(in C)が思い浮かびますよね。 

ですが、「移動ド」では他の調においても、「ドレミファソラシド」と捉えます。 例として、ト長調(in G)をみてみましょう。 ト長調は、「ソラシドレミファソ」という音階ですね! 

これを「移動ド」では「ドレミファソラシド」と読みます。 

ドの位置が移動しているから、「移動ド」というのですね! 

「固定ド」とは?

「固定ド」とは、どの調においても「ドレミファソラシド」の位置をいつも固定して読むことです。

先ほどの「移動ド」では、ト長調であっても「ソ」の音を「ド」として読みましたね!
「固定ド」では、 「ド」の位置を移動せず、「ソラシドレミファソ」と読みます。 

まとめ

くま先生

お疲れ様!今回のポイントを整理しよう!
  • 移動ドとは、他の調においても「ドレミファソラシド」と捉えること
  • 固定ドとは、ドの位置を固定し読むこと
これで移動ドと固定ドがバッチリだピヨー!

ピヨ太

くま先生

その調子で音楽の勉強をこれからも頑張ろう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です