カデンツを学ぼう!その2【終止形】

今回は、「終止形」について解説していきます!

終止形とは、フレーズの終わりにあるカデンツのことです。
「カデンツって何?」と思われた方は、先にこちらの記事をご覧ください!
カデンツを学ぼう!その1【トニック・ドミナント・サブドミナント】

終止形には、いろいろな種類がありますので、一つずつ響きを聴いて確認していきましょう!

全終止(完全終止)

全終止の特徴は以下の通りです。

全終止の特徴
  • 曲の終わりにある。転調する曲は中間フレーズの終わりにある。
  • バスとソプラノが主音で終わる。
  • 和音進行が「V→I」である。バスが5度下行または4度上行している。
  • ルネサンス、バロック時代は、【正格終止法】と呼ばれていた。

今回は、「鍵盤和音」と「合唱和声」の2つの譜例があります。

和音は縦に三和音、四和音などが独立して、それが並べられたものです。
和声は各横の三声部(3パート)以上のメロディが独立してあるものになります。

鍵盤和音の譜例の和音では、コードネーム表記
合唱和声にはローマ数字の和音度で表記しました。

また音源は、鍵盤和音はオルガン音源、合唱和声は合唱音源になってます。

二つの音源を聴いて、響きを確認してみましょう!



また、全終止には、「不完全終止」というものもあります。
下記で紹介するので、こちらも響きを聴いてみてくださいね!

全終止(不完全終止)

全終止(不完全終止)の特徴
  • フレーズの終わりにある。
  • バスは主音で終わるが、ソプラノが主音以外で終わる。
  • 和音進行が「V→I」である。バスが5度下行または4度上行している。



半終止

半終止の特徴
  • フレーズの途中で用いられる。
  • バスは必ずVの基本和音(ルート音をバスとする)で止まる。
  • 和音進行が、
    I→V、VI→V(トニック→ドミナント)
    または
    IV→V、II→V(サブドミナント→ドミナント)である。
    ※サブドミナントは変化和音も含む

 


 


変終止 Plagal Cadence(プラガル終止)

変終止の特徴
  • 曲の終わりにある。
  • 讃美歌の終わりに多いので、”アーメン終止”ともいわれる。
  • バスは主和音で止まり、ソプラノは主和音の根音、またはそれ以外の音で終われる。
  • 和音進行が、「IV→I」「IV+6→I」(サブドミナント→トニック)である。
    ※サブドミナントは変化和音も含む
  • ルネサンス・バロック時代は 「変格終止法」と呼ばれていた。



 

こちらは、【変格終止法】が変化したものになります。
ルネサンスやバロック時代に使われていました。
この和音進行は、ウィーン古典派などのモーツァルト、ハイドンなどの時代は禁則とされていたのです…!

時代によっても、使われる和音進行は変化するのですね!

偽終止

偽終止の特徴
  • フレーズの途中で用いられる。
  • 曲の終わりの全終止(完全終止)、または変終止の手前にあることが多い。
  • 和音進行が「ドミナント→トニック(主和音以外)」である。
    ふつうは「V→VI」(いずれも基本和音)が使われる
  • VIの和音は変化和音も使える。


こちらは、偽終止の変化したものになります。

和音進行が、「V→IV」「V→ドッペルドミナント」(ドミナント→サブドミナント)となっています。
また、「V→III」といった、「ドミナント→主和音以外のトニック」という和音進行も使われています。



実際に確認しよう!

ではここで、実際に曲例をみながら確認していきましょう!

取り上げる譜例はバッハのマタイ受難曲(演奏時間3時間!)より、最初に出てくるホ長調のコラール部分です。

楽譜の下にある動画もぜひご覧ください。
このコラール旋律と同じ旋律で、アレンジ、調性、歌詞の違うコラールを4曲続けて聴くことができます!
もともとコラールは単旋律なため、バッハの神業の和声アレンジに注目しましょう!

引用元:YouTube

まとめ

お疲れ様でした!
各終止形と、和音進行をまとめると、このようになります。

終止形 和音進行
全終止
(完全終止)
V→I
全終止
(不完全終止)
V→I(ソプラノが主音以外で終わる)
半終止 I→V、VI→V、Ⅱ→Ⅴ、Ⅳ→Ⅴ
変終止 IV→I、IV+6→I、
偽終止 V→VI(いずれも基本和音)

最初は覚えるのが難しいかもしれませんが、ピアノなどで弾いて響きを感じると、
自然と身体が覚えていきます。

ぜひ、終止形を身体に覚え込ませてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です