初めてのコード進行:王道進行・小室進行などまとめ

今回はすぐに使える「コード進行」について解説していきます!

今回紹介するコードを覚えるだけで、色々な名曲を演奏することができたり、
作曲に活かすことができますので、ぜひ読み進めていただけますと幸いです!

それでは早速行ってみましょう!

コード進行とは?

コードは、日本語では「和音」といいます。
和音(コード)について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください↓ ピアノコードを完全網羅【読み方・覚え方・種類を解説】 そのコードを順番に並べたものをコード進行といいます。

定番のコード進行がある?

コードを順番に並べたものがコード進行と説明しましたが、 コード進行が共通している曲は多く存在します。 「なんかこの二つの曲の雰囲気が似ているな?」と感じたことはありませんか? それは、コード進行が共通しているからかもしれません! また、これから紹介するコード進行はたくさんの曲に使われているので、 皆さんも一度は耳にしたことがあると思います! それでは行ってみましょう!

おすすめのコード進行まとめ

では、実際にオススメのコード進行について解説していきます!

  • カノン進行
  • 小室進行
  • 王道進行

カノン進行

カノン進行は、定番中の定番のコード進行です。 「涙そうそう」や「ハナミズキ」など、日本のヒット曲に多く使われています。 コード進行はこちらになります↓

C→G→Am→Em→F→C→F→G

また、最後から2番目の和音を「F」→「Dm」にするのもオススメです!

C→G→Am→Em→F→C→Dm→G

カノン進行については、こちらの記事で詳しく解説してありますので、こちらも合わせてご覧ください↓ コード進行入門:カノン進行とは?【楽譜を用いながら解説】

小室進行

作曲家の小室哲哉氏が愛用したコード進行が、「小室進行」と言われております。 コード進行↓

AmーFーGーC

千本桜にも、この小室進行が多く使われております。 
引用元:Youtube

王道進行

王道進行、と言われているだけあってこちらのコード進行もたくさんの曲に使われています!

FーGーEmーAm

最初は「F」「G」とメジャーコードで明るい響きなのですが、後半部分が「Em」「Am」と暗い響きになっていますね! 明るくなったら暗くなったりと、ちょっと切ないようなコード進行になります。 また、「Em」の部分を「E」にしても、素敵なコード進行となります。

FーGーEーAm

平井堅さんの「瞳をとじて」という曲のサビにも、この王道進行が使われています。 

アレンジもしてみよう!

よく使われているコード進行を紹介しましたが、作曲する際はアレンジなどもしてみましょう! 分数コードにしてみたり、他の和音を入れてみたりと、色々と工夫してみてくださいね!!

まとめ

いかがでしたでしょうか? 今回はすぐに使えるコード進行について解説しました! 一つ一つの曲を1から譜読みするのは大変ですが、コードを覚えるだけで色々な曲が一気に弾けるようになります。 色々なコード進行を覚えて、ぜひ演奏に活かしてみてくださいね^^ これからも音楽の勉強を一緒に頑張りましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です