レガートの意味とは?どうやって弾く?【音楽用語を徹底解説!】

レガートとは?

レガートとは音楽用語の一つで、「なめらかに奏する」という意味があります。 大体「スラー」が書かれている音符は、レガートで弾きます。 スラーについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください↓ タイとスラーの違いとは?【初心者でもわかる音楽理論入門講座】 下の譜例は、ドからソの音にかけてスラーで繋がっていますので、なめらかに音をつなげて弾きます。 

レガートはどのように弾く?

レガートを弾く際は、ただ音を繋げるだけでなく「その音を歌って弾く」ことが大切だと思います。 ピアノでしたら、指にかけた重さを移動させるように弾いてみてください! また、実際に弾く前に声に出して歌ってみるのも効果的です。 レガートの音色、ぜひ研究してみてくださいね^^

レガートで弾かれている曲を聴いてみよう

ほとんどの曲にレガートで弾かれている部分はあるのですが、 今回はピアノ曲を一曲紹介します!

フランツ・リストの「伝説」より「波を渡るパオラの聖フランチェスコ」という曲です!
この曲は、冒頭から旋律がレガートでたっぷりと歌われています。  とても感動する一曲なので、ぜひ聴いてみてください!

まとめ

くま先生

お疲れ様!今回のポイントを整理しよう!
  • スラーが書かれている音符はレガートで弾く
  • レガートの意味は「音をなめらかに奏する」
  • レガートを弾くときは歌って弾く 
ららら〜歌って弾けるように頑張るピヨ!!

ピヨ太

くま先生

ただ音を弾くのと、歌って弾くのでは音色は全然違うよ!!頑張ってね〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です