半音・全音の違いとは?音程を学ぶための基礎項目

こちらの記事では、音楽理論を学ぶ上で欠かせない、
「半音と全音」について鍵盤のイラストを用いながら解説していきます!

一見難しそうに見えますが、とてもシンプルな内容なのでぜひ今後の学習の参考にしていただけますと幸いです!^^

半音・全音について学ぼう!

まずは半音についてみていきましょう!

半音とは?

半音とは、黒鍵と白鍵がとなり合ったもの、また白鍵と白鍵が黒鍵を挟まずにとなり合ったものをいいます。

文章でこのように言われても、よく分からないですよね。 鍵盤を使って解説していきます!

こちらのように、黒鍵と白鍵が隣り合ったものが半音です。 

また、「ミーファ」のように、黒鍵を挟まない2つの白鍵の音も半音といいます。 

半音は、「短2度」とも呼びます。

全音とは?

全音とは、黒鍵を1つ挟んだ白鍵の音程、また白鍵を1つ挟んだ黒鍵の音程になります。 「ドーレ」のように、黒鍵を挟んだ音が全音です。 

また、「ド#ーレ#」のように、白鍵を挟んだ音も全音です。 

全音は、長2度ともいいます!

発展編:音程も学んでみよう!

半音・全音について理解することができたら、続いて音程についても学んでみましょう!

音楽理論でよく取り上げられる「音程」とは、音の隔たりのことをいいます。
音程を学ぶと、コードが理解しやすくなります!

以下の記事で、イラストを用いながら解説してありますので、宜しければこちらもご覧ください!
初心者向け音楽理論入門:音程の意味・読み方・種類まとめ

まとめ

今回は、半音・全音について学習しました!
意外とシンプルな仕組みではなかったでしょうか?

今後も音楽の勉強を一緒に頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です