半音・全音の違いとは?音程を学ぶための基礎項目

こちらの記事では、音楽理論を学ぶ上で欠かせない、
「半音と全音」について鍵盤のイラストを用いながら解説していきます!

一見難しそうに見えますが、とてもシンプルな内容なのでぜひ今後の学習の参考にしていただけますと幸いです!^^

半音とは?

鍵盤を1つも挟まずに隣り合った音の幅のことをいいます。

文章でこのように言われても、よく意味が分からないですよね💦
鍵盤を使って解説していきます!

こちらのように、黒鍵と白鍵が隣り合ったものが半音です。

また、「ミ-ファ」のように、黒鍵を挟まない2つの白鍵が隣り合ったものも半音といいます。

全音とは?

全音とは、二つの音の間に、鍵盤1つ分を挟んだ音の幅のことをいいます。
この鍵盤1つ分は、黒鍵でも白鍵でも同じです。

同じように鍵盤のイラストを使って解説していきます!

例えば「ド-レ」のように、黒鍵を挟んでいる2つの音の幅は全音です。

また、「ド#-レ#」のように、白鍵を挟んでいる音の幅も全音になります。

練習問題!

では、最後の確認として練習問題を解いてみましょう!

1、「レ- ミ」は半音と全音、どちらでしょうか?

答え:全音
解説:「レーミ」の間には黒鍵が一つ挟まっているので、この2つの音の幅は全音といいます。

2、「レ-ミ♭」は半音と全音、どちらでしょうか?

答え:半音
解説:「レーミ♭」の間には鍵盤を1つも挟んでいません。
よって、この隣り合った2つの音は半音となります。

発展編:音程も学んでみよう!

半音・全音について理解することができたら、続いて音程についても学んでみましょう!

音楽理論でよく取り上げられる「音程」とは、音の隔たりのことをいいます。
音程を学ぶと、コードが理解しやすくなります!

こちらの記事では、イラストを用いながら解説してありますのでぜひご覧ください!
音程の意味・読み方・種類まとめ【初心者向け音楽理論入門講座】

まとめ

お疲れ様でした!
今回は半音・全音について学習しましたが、
この内容は音楽理論を学ぶ上でとても大切になります。

ぜひ忘れずに頭に入れておきましょう。

そして今後も音楽の勉強を一緒に頑張っていきましょう!