強弱記号を学ぼう!【フォルテ・ピアノ・メゾフォルテ】

今回は、「強弱記号」について解説していきます!
強弱記号とは、音の強弱について表す記号になります。

強弱記号を学ぶことで、作曲家が楽譜に込めた思いを紐解きやすくなります。
それでは早速学んでいきましょう!

強弱記号を学ぼう!

強弱記号の代表的なものは以下の記号です!

  • フォルテ
  • メゾフォルテ
  • ピアノ
  • メゾピアノ

一つずつ解説していきます!

フォルテ

フォルテとは、「音を強く」という意味です。
楽譜上では、「f」と表されます。

メゾフォルテ

メゾフォルテとは「少し強く」という意味になります。 楽譜上では「mf」と表します。
イタリア語では「mezzo forte」と表します。

ピアノ

ピアノとは、「音を弱く」という意味です。
楽譜上では「p」と表します。

メゾピアノ

メゾピアノとは、「少し弱く」という意味です。
楽譜上ではmpと表します。

フォルテより大きい音の表し方

フォルテより大きい音を出す時は、「f」を足すことで表すことができます。
例えば、フォルテより1段階大きい音を表したい時は、fを1つ足し、「ff」と表します。
読み方は、「フォルティッシモ」と言います。

ピアノより小さい音は?

pより1段階小さい音を表したい時は、「p」を1つ足して「pp」と表します。

読み方は、「ピアニッシモ」と言いいます。

まとめ

上記の強弱記号を表にまとめました!
表は上にいくほど音が強く、下にいくほど弱くなります。
今後の学習の参考にしていただけると幸いです。

記号 読み方 意味
ff フォルテッシモ とても強く
f フォルテ 強く
mf メゾフォルテ 少し強く
mp メゾピアノ 少し弱く
p ピアノ 弱く
pp  ピアニッシモ とても弱く

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です