アルペジオとは?アレンジをスーパーカッコよくしよう!!

アルペジオとは?

アルペジオとは、ざっくり説明するとコードや和音を弾く際に、バラバラに弾くことをいいます。 例えば、このように「C」のコードがあったとします。

「C」は「ド」と「ミ」と「ソ」の音で構成されていますよね! これを以下のようにパラパラ分散させたのが、アルペジオです。 


「G7」の場合もみてみましょう!  「G7」の構成音、「ソ」「シ」「レ」「ファ」をバラバラにします!  どんなコードでもアルペジオにできますので、ぜひ試してみてくださいね^^

アルペジオでアレンジをカッコよく!

アルペジオをぜひ、ピアノアレンジで使ってみましょう! カッコよくなったり、お洒落になったり…アルペジオを用いることで、アレンジがより素敵になります^^ ここでは、アルペジオが使われているピアノアレンジを紹介していきます!

藤井風さんアレンジ「本能:椎名林檎さん」

引用元:Youtube

かっ..かっこいいピヨー!!

ピヨ太

くま先生

冒頭の部分をアルペジオで弾かれているね!ただ和音を弾くのとは、やっぱり雰囲気が全然違うね!!

アルペジオはどのように弾けば良いの?

アルペジオは、和音の構成している音をパラパラに弾けば良いので、「こう弾くべき」といった明確な決まりはありません。

例えば、こんな感じで細かく音符を入れても良いですし、 

バラードの時などは、左手でゆったりとアルペジオを弾いても素敵です!  ぜひ、曲に合わせてアレンジを変えてみてくださいね^^

練習にも使われる?

ピアノの練習曲、「HANON」という楽譜には、アルペジオを練習するセクションがあります。 アルペジオを練習することによって、指をくぐるところがなめらかになったりする効果があります。 ぜひ、普段の基礎練習にも取り入れてみてください!

まとめ

くま先生

お疲れ様!今回のポイントを整理しよう!
  • アルペジオは和音(コード)をパラパラ分散させたもの!
  • アレンジで使うとカッコよくなる!
  • 普段の基礎練習にも有効!
アルペジオかっこいいな〜僕もピアノアレンジで使えるように頑張るピヨ!

ピヨ太

くま先生

うん!アルペジオを使うとグッと幅が広がるから、ぜひ使ってみてね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です