アーティキュレーションまとめ【初心者むけ音楽講座】

アーティキュレーションとは、音を切ったりなめらかにつなげたりして、弾き方に変化をつけることをいいます。

今回の記事では「アーティキュレーション」について解説していきます!

アーティキュレーションを指示する記号

これらの記号を紹介していきます↓

  • スタッカート
  • スラー
  • テヌート
  • アクセント

スタッカートとは

スタッカートは、「音を短く奏する」「次の音と離して奏する」といった意味があります。 こちらの記事で詳しく解説してありますので、こちらも合わせてご覧ください↓

スタッカートはどうやって弾く?【楽譜の読み方を徹底解説】

スラーとは

 スラーとは、音をなめらかに奏するという意味があります。 こちらの記事で詳しく解説してありますので、こちらも合わせてご覧ください↓ タイとスラーの違いとは?【初心者でもわかる音楽理論入門講座】

テヌートとは

テヌートとは、一つ一つの音を十分に保ってという意味があります。  こちらの記事で詳しく解説してありますので、こちらも合わせてご覧ください↓ テヌートの種類と意味まとめ【tenuto,sostenuto,ritenuto】

アクセントとは

アクセントとは、「音を強く」という意味があります。 アクセントが書かれていたら、その音を強く強調します。 

まとめ

今回紹介した記号を一覧にまとめました!ぜひ復習しましょう!

音楽用語 読み方 意味
staccato スタッカート 音を短く奏する
sulur スラー 音をなめらかに奏する
tenuto テヌート 音の長さを十分に保って
accent アクセント その音を強く奏する

アーティキュレーションをつけると曲想が豊になります。 小さい記号で見落としてしまいがちですが、見落とさず表現できると良いですね! これからも音楽の勉強を一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です