おすすめの電子ピアノを紹介!【選び方のポイントまとめ】

現在では、たくさんの電子ピアノが登場し、性能がどんどん良くなっていきました。

そんな中、このような悩みをお持ちの方が多くいらっしゃいます。

「どんな電子ピアノを選んだら良いのか分からない。」
「どんなポイントに気をつけて選んだら良いのか分からない。」

そこで今回は、以下のことを取り上げていきます!

  1. 電子ピアノの選び方のポイント
  2. おすすめの電子ピアノ

皆さまの参考になれば幸いです!

どのように選んだら良い?

ピアノを選ぶ時に、気をつけるポイントは以下の三つになります。

  1. 鍵盤の数
  2. タッチ
  3. ペダル

鍵盤の数

グランドピアノのピアノの鍵盤の数は「88鍵」になります。 電子ピアノによっては、ピアノの鍵盤の数が88鍵より少ないピアノもあります。 「少なくても良いのでは?」と思う方もおられるかもしれませんが、曲によっては音域がすごく広い楽曲もありますし、 そのような曲を弾く際に「鍵盤が足りない!!」と思われるのはとてももどかしいと思います。 ですので、電子ピアノを選ぶ際も、鍵盤の数が88鍵のピアノを選ぶことをおすすめします。

鍵盤の感触

ピアノは、指で鍵盤を打鍵することによって音が出ますが、 このピアノを弾く感覚があまりにもグランドピアノとかけ離れているピアノはおすすめしません。 現在、鍵盤が布のようになっていて、持ち運びか可能な「ロールアップピアノ」というものも販売されていますが、 あれは鍵盤を弾く感触があまりにも違いすぎるので、おすすめしません。 今では技術の進化から、グランドピアノ等のタッチにかなり近いピアノも再現されていますので、そちらも気をつけるようにしましょう。

ペダル

ペダルとは、音を響かせるために使用するものです。 電子ピアノによっては、このペダルがついていないものもありますが、私はついているものをおすすめしたいです。 なぜなら、曲によってはペダルを使わないと「寂しい」印象がしてしまう場合があるからです。 例えば、音域が離れているときは、指でつなげることは難しいですよね。 そんな時にペダルを用いれば、音域が離れていてもつなげて弾くことができます。 おすすめの電子ピアノのペダルはこちらになります↓

ヤマハ YAMAHA 電子ピアノ Pシリーズ 88鍵盤 ブラック P-45B

  引用元:amazon 
  • 生ピアノのようなペダルの踏み心地
  • 値段=38,00円(Amazon価格)
  • ペダルが滑りにくい様に設計されたラバーが裏面に搭載
この付属ペダルは、生ピアノのような踏み心地が特徴です。また、滑りにくいようラバーが搭載されていますので、演奏に集中することができます。

おすすめ電子ピアノを紹介!

それでは早速、おすすめの電子ピアノについて紹介していきます!

ヤマハ YAMAHA 電子ピアノ Pシリーズ 88鍵盤 ブラックP-125B

  引用元:amazon 
このピアノについて
タッチ
(4.0)
音の響き
(4.0)
値段の手頃さ
(3.0)
おすすめ度
(4.5)
  • 鍵盤の数=88鍵
  • 値段=94,800円(amazon価格)
  • ペダル・スタンドは別売り
値段は10万円以下で、本格的な響きが楽しめる人気の電子ピアノになります。 新機能で「テーブルEQ」という機能があり、ONにすると楽器をテーブルに置いて使う場合に最適なサウンドになるそうです。

ヤマハ YAMAHA 電子ピアノ Pシリーズ 88鍵盤 ブラック P-45B

  引用元:amazon 
このピアノについて
タッチ
(3.5)
音の響き
(3.0)
値段の手頃さ
(4.5)
おすすめ度
(4.0)
  • 鍵盤の数=88鍵
  • 値段=39,000円(Amazon価格)
  • ペダル・スタンドは別売り
先ほど紹介したピアノの約2分の1の価格で購入できるため、より手軽に始めたい方におすすめの電子ピアノになります。しかし、やはり音の響きなどは先ほどのP-125Bの方が良い印象でした。 軽く、コンパクトな設計なので屋外での演奏にも向いているピアノになります。

KAWAI カワイ デジタルピアノ / CN29

  引用元:amazon 
このピアノについて
タッチ
(4.5)
音の響き
(4.0)
値段の手頃さ
(2.5)
おすすめ度
(4.0)
  • 鍵盤の数=88鍵
  • 値段=115,500円(amazon価格)
  • 椅子・ペダル付き
スタンドや机において弾くタイプではなく、アップライトピアノようなタイプです。持ち運びはできません。 ペダルや椅子の値段込みでこの値段ですので、お値段は10万円を超えますが、かなりコスパが良いと思います。 組み立ては配送してくださる業者の方が組み立ててくれますので安心です。

Amazonのサイトで購入する

カシオ(CASIO) Privia PX-S1000BK

  引用元:amazon 
このピアノについて
タッチ
(4.0)
音の響き
(4.0)
値段の手頃さ
(3.5)
おすすめ度
(4.5)
  • 鍵盤の数=88鍵
  • 値段=64,800円(amazon価格)
  • ペダルが付属で付いてくる
鍵盤の弱打時や、鍵盤から指を離した際に聞こえる機構的な動作音なども再現されています。 ピアノ本体をBluetoothスピーカーとして活用できるBluetoothオーディオ機能も搭載されています。

CASIO公式の紹介動画もあります↑

Amazonのサイトで購入する

まとめ

いかがでしたでしょうか? 今回は、おすすめの電子ピアノについて解説しました! 現在、数多くの種類の電子ピアノが登場し続けていますが、電子ピアノを購入される方にこちらの記事が皆様の参考になれば幸いです! ピアノを奏でる日々は本当に楽しいものです。 ぜひ素敵なピアノライフをお過ごしください♫]]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です