繰り返し記号・リピート記号とは?【初心者入門 音楽講座】

繰り返し記号やリピート記号は、その名の通り曲を繰り返したり、ある箇所へ飛ぶことを指示するために用いられます。

みなさまも、こちらのような記号をご覧になったことがありますでしょうか?

リピート記号
今回はこのリピート記号について学んでいきましょう!

リピート記号の読み方

例として、こちら譜例をみてみましょう。
最後の小節の線上に、リピート記号が書かれていますね。

リピート記号の例①

 

このような場合は、一番最初に戻り、最後の小節まで繰り返し演奏します。
リピート記号の例2

その小節だけ繰り返す場合

最初から全部繰り返すのではなく、一部を繰り返す場合もあります。

下記の譜例では、後半の二小節だけに繰り返し記号が書かれていますね。

このような場合は、繰り返し記号が書かれている二小節だけを繰り返し演奏します。

演奏する順番をアルファベットで記載したので、確認してみましょう!繰り返しの例

また、繰り返した後に違う小節へ飛ぶ場合は「1番括弧」「2番括弧」というものが使われます。
例として、こちらの楽譜でどのように演奏するのかを確認してみましょう。

かっこを使う場合の繰り返し

まず、一番括弧にいき、繰り返し記号で繰り返します。

リピート記号の例3

繰り返したら、今度は1番括弧ではなく、2番括弧に飛びます。
リピート記号の例4

他にも種類がある?

繰り返すように指示するような記号は、他にもあります。
こちらの記事でその記号について詳しく解説してありますので、宜しければこちらの記事もご覧ください!

ダルセーニョとダ・カーポとは?【二つの違いを徹底解説】