繰り返し記号・リピート記号とは?【初心者入門 音楽講座】

反復記号とは?

反復記号が楽譜に書かれていると、その小節を繰り返したり、ある小説のところから違う小節へジャンプしたりすることができるようになります!

どんな種類がある?

一口に反復記号と言っても、いろいろな種類があります。 今日は代表的なものを中心に説明していきます!

小節を繰り返すときは?

小節を繰り返すことができる記号があります! それは、「繰り返し記号」や「リピート記号」と呼ばれることが多いです。 このように、二重線を書き、内側に点々を書きます。

【例】リピート記号 

どうやって使う?

例えば、曲を最初からもう一度繰り返したいときは最後だけにリピート記号を書きます。  そうすると、繰り返し記号が書かれているところまでを最初から繰り返すことができます。 

その小節だけ繰り返したい時は?

最初から全部繰り返すのではなく、一部の小節を繰り返したい場合は、その繰り返したい部分に繰り返し記号をつけます。 小節の番号を書いたので、確認してみましょう! 

また、繰り返した後、違う小節へ飛ばしたい場合は「1番括弧」「2番括弧」というものを使います。 こちらは、その1番括弧、2番括弧の例になります。 

まず、一番括弧にいき、繰り返し記号で繰り返します。 

その後、繰り返し記号から1番括弧ではなく、 2番括弧に飛びます。 

まとめ

くま先生

ピヨ太くん、お疲れ様!よく頑張ったね!!
今まで、反復記号が出てきても全部無視しちゃっていたから、ちゃんと楽譜が読めるようになって嬉しいピヨ!

ピヨ太

くま先生

うんうん!本当にくま先生はピヨ太くんの成長が嬉しいよ…!
シンガーソングライターへの階段をまた一歩のぼったピヨー!!

ピヨ太

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です