サス・フォーとは?初めてのコード講座【譜例で解説!】

サス・フォーのコードとは?

sus4とは、メジャーコードの第3音の音が半音上がった和音(コード)のことです。

「sus4」で半音上がった「ファ」の音は、本来のCの「ドミソ」の音ではないため、「非和声音」と言います。

元に戻ろうとする!?

「sus」とは「suspended(サスペンデッド)」の略です。

このsuspended(サスペンデッド)」は英語で「漂って」「浮遊して」という意味があります。
この単語から、「不安定な音」というイメージが湧きますね。

実際に、sus4で半音上がった「非和声音」は不安定な音で、安定した音へ戻ろうとする性質があります。

セブンスコードのsus4

セブンスコードにもsus4のコードが存在します。 例として、「C7 sus4」をみてみましょう。 セブンスコードであっても先ほどと仕組みは同じで、第3音が半音上がります。 

また、セブンスも先ほどと同じように、第3音が半音上がった「sus4」の和音は、安定した和音へ向かう性質があります。
ですので、「C7 sus4」も「C7」へと向かいます。

まとめ

くま先生

お疲れ様!今回のポイントを整理しよう!
  • 第3音が半音上がったコードをサス・フォー(sus4)という
  • 和音の音に含まれないため、半音上がった音は「非和声音」と言われる。
  • 不安定な性質があるため、安定した和音へ進む性質がある
また新しいコードを一つ覚えたピヨ!

ピヨ太

くま先生

どんどん成長しているね!これからも一緒に音楽の勉強頑張ろう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です